Half Sized Blog Element (Single Author Style)

Half Sized Blog Element (Multi Author Style)

Flight Training Application / Japanese Language

Hawaii Glider and Sailplane LLC グライダー教習の流れ ①訓練を申し込むまで ②訓練開始まで ③訓練開始からソロ(単独)飛行まで ④実技試験まで ⑤筆記試験について ⑥日本免許への書き換え ①訓練を申し込むまで グライダーの訓練を受けるために必要な書類は、 1 パスポートのコピー 2*1 運転免許証 3*1 国際運転免許証 4*2 FAAライセンス(すでにほかの航空機の免許をアメリカでとっている場合) 5 日本の航空機ライセンスあるいは練習許可証(持っている場合) 6 支払いのためのクレジットカード です。 *1 : 学生で運転免許証を持っていない場合は国際学生証で代用してください。筆記試験の際の身分証明として必要になります。国際学生証は、日本国内で発行できます。 *2: アメリカの免許を取るための「カリキュラム」は、FAR61とFAR141の2種類がありますが、FAR61で行います。FAA(アメリカ連邦航空局)のウェブサイト には FAR61で免許を取るために必要な事項が記載されていますので参照ください。 ~FAAのライセンスを既にお持ちの方へ~ 飛行機、ヘリコプターなどのFAAライセンスを持っている方の場合、グライダーのソロ飛行の際にはFlight Reviewの期限が切れていないことが求められます(24 calendar month)。ログブックに記載されていることを確認してください。また保有ライセンスが旧のpaper licenseの場合は無効となりますので、プラスチックカードに更新しておいてください。FAAのサイトにて手続き可能です。 ☆訓練の申し込み☆ 訓練の申し込みはホームページ の「問い合わせ」からお願いします。機体のパイロットの体重制限 が110kgなので、申し込む際には体重もお知らせください。 生徒様のパスポートなどの書類のIDをお知らせいただければ、こちらから学校の書類を送りますので、それらをプリントして記入の上再度送っていただくか、現地で提出していただきます。 ②訓練の開始まで 初めて航空機免許を取得する方は、まずStudent Pilot certificate(操縦練習許可証)の申し込みをします。ある程度の英語力が必要です。 IACRA(Integrated Airman Certification and Rating Application,航空資格申請ページ)の […]

Glider Shool グライダー教習と免許取得までの流れ

Hawaii Glider and Sailplane LLC グライダー教習の流れ ①訓練を申し込むまで ②訓練開始まで ③訓練開始からソロ(単独)飛行まで ④実技試験まで ⑤筆記試験について ⑥日本免許への書き換え ①訓練を申し込むまで グライダーの訓練を受けるために必要な書類は、 1 パスポートのコピー 2*1 運転免許証 3*1 国際運転免許証 4*2 FAAライセンス(すでにほかの航空機の免許をアメリカでとっている場合) 5 日本の航空機ライセンスあるいは練習許可証(持っている場合) 6 支払いのためのクレジットカード です。 *1 : 学生で運転免許証を持っていない場合は国際学生証で代用してください。試験の際 の身分証明として必要になります。国際学生証は、こちらから発行できます。 *2: アメリカの免許を取るための「カリキュラム」は、FAR61とFAR141の 2 種類がありますが、FAR61で行います。FAA(アメリカ連邦航空局)のウェブサイト には FAR61 で免許を取るために必要な事項が記載されていますので参照ください。 ~FAAのライセンスを既にお持ちの方へ~ 飛行機、ヘリコプターなどのFAAライセンスを持っている方の場合、グライダーのソロ 飛行の際には Flight Review の期限が切れていないことが求められます(24 calendar month)。ログブックに記載されていることを確認してください。また保有ライセンスが旧 の paper license の場合は無効となりますので、プラスチックカードに更新しておいてくだ さい。FAAのサイトにて手続き可能です。 ☆訓練の申し込み☆ 訓練の申し込みはホームページ の「問い合わせ」からお願いします。機体のパイロットの 体重制限 […]

Flight Training Application / Japanese Language

Hawaii Glider and Sailplane LLC グライダー教習の流れ ①訓練を申し込むまで ②訓練開始まで ③訓練開始からソロ(単独)飛行まで ④実技試験まで ⑤筆記試験について ⑥日本免許への書き換え ①訓練を申し込むまで グライダーの訓練を受けるために必要な書類は、 1 パスポートのコピー 2*1 運転免許証 3*1 国際運転免許証 4*2 FAAライセンス(すでにほかの航空機の免許をアメリカでとっている場合) 5 日本の航空機ライセンスあるいは練習許可証(持っている場合) 6 支払いのためのクレジットカード です。 *1 : 学生で運転免許証を持っていない場合は国際学生証で代用してください。筆記試験の際の身分証明として必要になります。国際学生証は、日本国内で発行できます。 *2: アメリカの免許を取るための「カリキュラム」は、FAR61とFAR141の2種類がありますが、FAR61で行います。FAA(アメリカ連邦航空局)のウェブサイト には FAR61で免許を取るために必要な事項が記載されていますので参照ください。 ~FAAのライセンスを既にお持ちの方へ~ 飛行機、ヘリコプターなどのFAAライセンスを持っている方の場合、グライダーのソロ飛行の際にはFlight Reviewの期限が切れていないことが求められます(24 calendar month)。ログブックに記載されていることを確認してください。また保有ライセンスが旧のpaper licenseの場合は無効となりますので、プラスチックカードに更新しておいてください。FAAのサイトにて手続き可能です。 ☆訓練の申し込み☆ 訓練の申し込みはホームページ の「問い合わせ」からお願いします。機体のパイロットの体重制限 が110kgなので、申し込む際には体重もお知らせください。 生徒様のパスポートなどの書類のIDをお知らせいただければ、こちらから学校の書類を送りますので、それらをプリントして記入の上再度送っていただくか、現地で提出していただきます。 ②訓練の開始まで 初めて航空機免許を取得する方は、まずStudent Pilot certificate(操縦練習許可証)の申し込みをします。ある程度の英語力が必要です。 IACRA(Integrated Airman Certification and Rating Application,航空資格申請ページ)の […]

Glider Shool グライダー教習と免許取得までの流れ

Hawaii Glider and Sailplane LLC グライダー教習の流れ ①訓練を申し込むまで ②訓練開始まで ③訓練開始からソロ(単独)飛行まで ④実技試験まで ⑤筆記試験について ⑥日本免許への書き換え ①訓練を申し込むまで グライダーの訓練を受けるために必要な書類は、 1 パスポートのコピー 2*1 運転免許証 3*1 国際運転免許証 4*2 FAAライセンス(すでにほかの航空機の免許をアメリカでとっている場合) 5 日本の航空機ライセンスあるいは練習許可証(持っている場合) 6 支払いのためのクレジットカード です。 *1 : 学生で運転免許証を持っていない場合は国際学生証で代用してください。試験の際 の身分証明として必要になります。国際学生証は、こちらから発行できます。 *2: アメリカの免許を取るための「カリキュラム」は、FAR61とFAR141の 2 種類がありますが、FAR61で行います。FAA(アメリカ連邦航空局)のウェブサイト には FAR61 で免許を取るために必要な事項が記載されていますので参照ください。 ~FAAのライセンスを既にお持ちの方へ~ 飛行機、ヘリコプターなどのFAAライセンスを持っている方の場合、グライダーのソロ 飛行の際には Flight Review の期限が切れていないことが求められます(24 calendar month)。ログブックに記載されていることを確認してください。また保有ライセンスが旧 の paper license の場合は無効となりますので、プラスチックカードに更新しておいてくだ さい。FAAのサイトにて手続き可能です。 ☆訓練の申し込み☆ 訓練の申し込みはホームページ の「問い合わせ」からお願いします。機体のパイロットの 体重制限 […]